水漏れのチェック箇所と修理をするポイント

水漏れのチェック箇所と修理をするポイント 家族が毎日使う水回りは、水のトラブルが発生しやすいところでもあります。特に水漏れは、いつでも自宅で起こりうるので、きちんと対策をしておくと安心です。どんな箇所が壊れかけているのか、蛇口は使用しはじめてどれくらい経っているか確認しておきます。
実際の修理依頼の際には、2社以上の情報を取り入れ、見積もりを取ると良いです。修理にかかる費用は検討がつかない、という場合が多いですがインターネットサイトの情報を確認すると、ある程度の相場が分かってきます。

■日ごろからできる水漏れ対策

水のトラブルが発生しやすいところをチェックして、大きな修理が必要になる前に対策ができるようにしておきます。シャワーなどホースがついている蛇口は、ホースなどの柔らかい素材が傷ついて、水漏れがしやすい箇所です。ホースがいつもねじれているなら、ひび割れの原因になりやすいので気を付けます。ちょっとしたひび割れなら、テープを巻いて補強することもできます。
トイレの水道管、屋外にある水道管は、寒い時期に結露が発生しやすいので断熱材を巻いたり、時々水道管を拭いて、水分を除去しておきます。
水道の蛇口は、10年以上使っていると消耗部から水が漏れだすことがあります。長年使っていて、部品交換もしたことがないなら、蛇口 交換を検討することも検討できます。

■水漏れが起こったらまずすること
まず水漏れの箇所を突き止めます。業者に修理を依頼するとしても、状況をきちんと伝えることで修理のスピードも上がりますし、適切な修理ができます。蛇口の周りからなら、どの場所からか目でチェックします。蛇口をしめても、きっちりしまらず水がポタポタ落ちていることがあります。これは水道の蛇口の内部にある、ケレップという部品やパッキンの消耗が原因の場合が多いです。ハンドル部やナットと接続されている部分からなら、パッキンの交換で直る場合が多いです。壁に取り付けられている蛇口で、壁の取り付け付近から水漏れが起こっている場合、シールテープで補強することが必要かもしれません。
キッチンのシンク下にあるホースや配管、洗面台の下の配管から水漏れが起こっているなら、ホース部の消耗や配管のボルトのゆるみ、パッキンの消耗といった原因が考えられます。消耗品の交換といった修理が必要です。

■修理依頼のポイント

自分で交換できる、簡単な消耗品の交換もありますが、多くの場合は業者に依頼することになります。蛇口 交換など大がかりな修繕が必要なら、時間をかけて修理業者に見積もりを取り、検討する必要があります。
電話帳やインターネットサイトなどから、情報を集めていきます。自宅のリフォームを依頼した業者がいるなら、そこに聞いて確認することも可能です。特に気を付けるポイントは、見積もりです。値段の表示の仕方は様々なので、修理に必要な値段一式が含まれているかどうか、チェックします。工賃、材料費といった費用以外に、出張費や交通費、時間外作業費などの項目は別途徴収する業者もあります。どういった見積もり内容だとしても、きちんと確認し、一式の費用を比較します。
地元密着型か、作業に来てくれる時間など、すぐに対応してくれるかもポイントの一つです。

■まとめ
水漏れが起こっても慌てずに、まずは、トラブルの発生箇所を確認します。消耗している部品を交換すればよいだけかもしれません。蛇口の交換といった大きな修理が必要かもしれません。応急処置を行って、とりあえず様子を見る、という選択肢もあります。
トラブルが発生した後では、時間がない場合もあります。色々な情報を確認し、できれば事前に修理業者について知っておくことができます。見積もりについては、どこまで含まれた金額か、よく見ておきます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース